サプリを駆使してストレスのないダイエットを目指そう!

- 昼寝は効果的なのか

昼寝は効果的なのか

ダイエットをする上で、必ずと言っていい程出てくるのが制限やルールだと思います。
個人のライフスタイルを考えると少し厳しい事も中にはあるのではないでしょうか。
個人のライフスタイルの中には、昼食後に昼寝をする方も居ると思いますが、昼寝はダイエットとどのような関係があるのでしょうか。
通常、誰でも昼食を摂ると、多少は眠くなるものです。
会社でもそうでしょうし、休みの日に自宅に居たならば、なおさら昼寝をしてしまうかもしれません。
一般的には昼寝とは20分程度する事が望ましいと言われていますが、ダイエット中の昼寝はした方が良いのでしょうか。
食後すぐに眠ると太る、牛になる、等と言う事を聞いた事が有ります。
ですが、実は食後は体のエネルギーが消化する事に使われる為に、少々の時間は安静にしている事が良いそうです。
もしも横になれる環境であれば、右側を下にして横になる事が良いと言われています。
安静にしている方が良いのは、消化吸収をしっかり行わせる為で有り、体を休めると言う目的ではない所がポイントです。
消化を促す為に安む時間はせいぜい長くても20分程度が無難なのだそうです。
何時間も気持ち良くなって眠ってしまうとホルモンの働きにより、エネルギーの吸収が活発になり、脂肪が付きやすい状態になってしまうと言われています。
折角気持ち良く休んでいるのに、ダイエット中であるがためについつい長時間休んでしまい、逆に太ってしまったのでは本末転倒と言うものでしょう。
ですので、ダイエット中の昼寝は、決して悪い事ではありませんが、短時間の昼寝をする事がベストだと言えます。
ダイエット中で無くても、長時間の昼寝は脂肪が付きやすくなりますので、あまりおすすめできません。
昼寝をするなら、アラーム等を駆使して20分程度にとどめる事が良いのではないかと思います。
横になれない場合でも、目を閉じて安むだけでも昼寝同様の効果が得られると言われています。