サプリを駆使してストレスのないダイエットを目指そう!

- 甘いものの上手な摂取方法とは

甘いものの上手な摂取方法とは

ダイエットをしている時に、一般的に我慢しなければならないのが甘いものだと思います。
世の中には甘いものが好きと言う方が多く存在していると思いますが、それを我慢し続けると言うのはかなりのストレスを生む原因にもなります。
その為、どうやったら上手く甘いものを取り入れたら良いのかを考えたいと思います。
tgzuh
先ずダイエットをしていても甘いものを食べても良いのでしょうか。
ダイエット中の間食は基本的にはNGです。
どのダイエット法でも間食はしない方が良い、または間食はしないと言うのが多くあります。
では、間食として甘いものを摂取するのでは無く、食事のうちの一品として甘いものを食べる事はどうなのでしょうか。
人間の体は朝から午前中にかけて代謝が良いと言われています。
個人差こそあれ、一般的には午後よりも午前中の方が代謝が良いのです。
その為、甘いものを食べるとしたら、朝食のうちの一品にして食べることがおすすめです。
朝食のうちの一品にすると言っても、大きな生クリームたっぷりのケーキ等はおすすめできません。
出来れば、脂質の少ない小さなケーキを食べる事が良いでしょう。
脂質の少ないケーキと言えば、シフォンケーキやチーズスフレ、シュークリームやプリンなどがあります。
切り分けて食べるサイズを調整出来るようなロールケーキ等もたまには良いでしょう。
こうした工夫をしながら甘いものを食べたいと言う欲求を満たすようにして、上手に甘いものと付き合っていく事が良いと思います。
朝にケーキ等の甘いものを摂取した日は、昼食や夕食も調整することがおすすめです。
昼食は栄養バランスの良い低カロリーなメニュー、夕食は野菜スープ等で済ませることが良いと思います。
夕食については、ダイエットドリンクなどで代用する事も良いと思います。
そうする事により、総合摂取カロリーにおいても調整する事が出来ますし、体重が急激に増加するような事も防ぐ事が出来ると思います。

  ← 前の記事:   次の記事: